女性の肌は乾燥している。

女性の肌は乾燥している。 とある有名敏感肌ブランドの社長さんに聞いたことですが、肌のキメが整っていて、バリア機能も健全ないわゆる 全く問題のない肌の持ち主というのは女性1000人のうち2~3人なんだそうです。


まぁ多少誇張が入っていると考えても女性の8割以上は不健康な肌をしているということであり、乾燥やヒリヒリ感を実感しているということなんです。


肌が乾燥してしまう原因はいろいろあります。


1、ストレスや睡眠不足の影響
2、偏食や食品添加物など食べているものが悪い
3、よかれと思ってやっているスキンケアが間違っている


「加齢」という避けられない老化現象による肌の乾燥はもちろんあるんですが、20~30代では乾燥の原因を加齢と片づけてしまうのはまだちょっと無理があるので生活習慣や普段のスキンケアに問題があると考えるほうが無難でしょう。


ターンオーバーが乱れて毛穴詰まりが発生し、ニキビができてしまうのが大人ニキビの特徴ですが、肌のターンオーバーを乱す原因の最有力候補が「肌の乾燥」になるので とにかく肌状態を整えて、うるおいある肌を維持することがニキビケアでは意識しなければいけないことの1つになるということです。


ニキビを繰り返してしまう人は特にもっと「保湿」に重点をおいたケアをしたほうがいいかもしれませんよ?

ニキビを防ぐための正しい保湿とは?

ニキビを防ぐための正しい保湿とは? 肌を乾燥させないための保湿ケアで重要なのは「与える保湿」と「守る保湿」があるということです。どういうことかというと、


・セラミドやヒアルロン酸など保湿成分を与えること
・肌にある皮脂やセラミドなどを洗い落とさないようにすること


ということです。


化粧水やシートマスクでたっぷりの水分を肌に補給することが保湿だと思っている人が多いんですが、 正しい保湿というのは水分保持力を高めてくれる保湿成分を補給するということです。


水分保持力が落ちている乾燥した肌に水分を与えてもすぐに蒸発してしまうというのはちょっと考えればわかるはずです。 水分が不足しているのではなく水分保持力が低下しているから乾燥肌なんです。


それから保湿成分を補うこと以上に大切なのが今ある肌の保湿成分を守るということです。 ニキビケアの場合、洗顔やクレンジング等で皮脂やメイクの油汚れを落とすことを頑張ってしまう人が多いんですが、その際に潤いに欠かせない 皮脂やセラミドも一緒に洗い落としてしまうことが多いんですね。


余分な皮脂やメイクの油汚れは確かにニキビにはよくありませんが、必要以上に落とすケアを頑張ると肌の乾燥を促進して、ニキビができやすい肌状態を作ってしまいます。 落しすぎない洗顔やクレンジングで肌の保湿成分を守るというのも非常に重要な保湿ケアになります。


潤いを「補給×守る」ニキビケア化粧品は? 詳細はコチラ
Copyright © 2014 乾燥肌でニキビもある肌向け~ニキビケア化粧水のおすすめは?· All Rights Reserved·